トップへ

施工の流れ

塗装の基礎知識

塗装の役割

塗料の保存と廃棄

室内の壁を塗る

フローリングを塗る


知っておきたい塗装の基礎知識
 
@ 塗料を選ぶポイント      
塗料は、木部用や鉄部用、コンクリート用など、用途に合わせて様々な種類があります。
木部用には、防腐効果が、室内用には防カビ効果など、それぞれの用途に合わせて作られていますので塗装をする対象に合わせて塗料を選んで下さい。
逆に用途に合わない塗料を選んでしまうと痛みが早いなどトラブルの原因になってしまうことがあります。
一度に多くの塗装対象がある場合は、いろいろな用途に塗れる多用途塗料をお勧めします。
A 天気の良い日に塗りましょう  
塗装は天気の良い日に行って下さい。
塗料はしっかり乾く前に水に塗れてしまうと「はがれ」や「乾燥不良」などの失敗の原因になりますので、雨の時はもちろん雨の降りそうな時も塗装は避けて下さい。
また、気温が低かったり(5℃以下)、湿度が高い時(湿度85%以上)も同様の理由で塗装には適しません。
気温が低い冬などは日中のできるだけ早い時間に塗装を終わらせて下さい。
B 塗料を塗る前の「準備」が大事  
塗料を塗るもの自体が汚れていたり、痛んでいる場合は、上に塗料を塗っても下からハガレたり、凹凸ができてしまいます。そうならないためにも予めよく洗浄し、それぞれの素材、状態に合わせて下地処理をして下さい。
下地処理とは、例えば木の場合はサンドペーパーをかけて表面のザラツキを取り滑らかにする、鉄に錆がある場合は、ワイヤーブラシなどで取り除くなどの作業のことで、塗装の仕上がりに影響する大事な作業です。
 
C 汚れてもよい服装で  
基本的に塗料は、衣服についてしますと落ちません。
汚れてもよい作業着や着古した衣服で塗装しましょう。
また、なるべく肌につかないように長袖のものを選んで下さい。
塗装時は手袋の着用もお願いします。
 
D マスキングは丁寧に  
塗りたくない場所や汚れては困る場所には必ず、マスキングテープや新聞紙、ポリシートなどで保護して下さい。
マスキングテープは、テープの下に塗料が入らないようにきわの部分をしっかりと押さえて貼ると境目がきれいに仕上がります。
また、マスカーはテープとポリシートが一体になっており、広範囲の保護が可能です。 マスキングテープは塗装後、塗料が乾く前に剥がして下さい。
乾いてから剥がすと塗膜がめくれてしまうことがあります。
乾いてしまったらカッターナイフで切り込みを入れてから剥がして下さい。
 
E 塗料をよくかき混ぜましょう  
  塗料は様々な原料からなる混合物のため、一部の色が沈んでいることがあります。
塗料は、使う前に中身をよくかき混ぜましょう。
フタを開ける前に容器を逆さにしてよく振っておき、フタに手を添えてマイナスドライバーなどで開け、ヘラなどで缶のそこにドロッとした固まりがなくなるまでよくかき混ぜて下さい。
塗料が飛んで周りを汚さないように新聞紙や養生シートの上で作業して下さい。
 
F 厚く塗りすぎてはダメ   
  塗料は一度に厚く塗りすぎるとタレてしまったり、乾燥が遅れて表面にシワができる、ひび割れなどのトラブルにつながってしまいます。
キレイに仕上げるコツは「薄く塗り、しっかり乾燥してから塗り重ねること」です。
一回塗り仕様の塗料でも初めて塗装する人や慣れなていない人は薄く何回か
塗り重ねることをお勧めします。
  
G 粘度が高いと感じたら薄めましょう  
  塗装の際、粘度が高く塗りにくいと感じたら、塗料を薄めましょう。
水性塗料はで、油性塗料はペイントうすめ液で、ラッカー塗料はラッカーうすめ液でそれぞれ薄めて下さい。
「商品によっては、専用のうすめ液がありますので表示をご確認下さい。
薄める割合も商品によって異なりますので、表示をご確認下さい。
薄め過ぎますと下地が透けたり、タレてしまったりする場合がありますのでご注意下さい。
 

Page up▲