トップへ

施工の流れ

塗装の基礎知識

塗装の役割

塗料の保存
と廃棄

室内の壁を塗る

フローリング
を塗る

室内の壁を塗る
塗装をする前に揃えておきたい道具

刷毛

ローラー
 

ローラー皿

細かい部分、隅の方を塗る時に使用します。 広い範囲を効率的に塗れます。 ローラーを使う際はローラー皿が必要です。

マスキングテープ、マスカー

塗りたくないところをマスキングし、塗料のはみ出しを防ぎます。




■道具が揃ったら・・・
     



@下地処理 洗浄や補修等の下地処理は、塗装をする前の日に行いましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
洗浄

*全体を濡れ雑巾で水拭きして、塗る面の汚れを取り除いて下さい。

油分、手垢、ヤニ等の汚れは、市販の中性洗剤で除去して下さい。
              ↓
中性洗剤を使用したあとは、洗剤分が残らないように水拭きをシッカリ行って下さい。

水拭きをしたあとは、塗装の前に十分に乾燥させて下さい。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

補修
●壁紙の補修
めくれている場合は、市販の壁紙用接着剤を注入し、はみ出た接着剤が残らないように布で拭きとり、壁紙接着ローラーで押しながら貼って下さい。

破れている場合は、その寸法より大きい壁紙をその箇所に重ね合わせ、その上から四角くカッターで2枚一緒に切り込みを入れます。
破れている壁紙を取り除き、一緒に切った壁紙を壁紙用接着剤で貼って下さい。
 

●室内壁全般の補修

穴やひび割れ
は、市販のエマルション系の壁用充填剤(塗装が可能なもの)で埋めて下さい。
壁紙用接着剤や充填剤を使用した場合は、はみ出た部分を濡れ雑巾等で拭き取り、十分乾燥させて下さい。

*壁紙用接着剤やパテ、充填剤を使用した場合は
乾燥時間を確認して、十分に乾燥させて下さい



Aマスキング
 はみ出しや汚れを防ぐための処理。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
塗りたくない部分や塗料が付着しると困る部分には必ずマスキングテープを貼って下さい。
マスキングテープは幅の広いものをお勧めします。
床面や家具には新聞紙やポリシート等で保護すると塗装の時の汚れが防げます。
マスキングテープは色を塗り分けたい場合にも便利です。

キレイに仕上げるためにキワはしっかり押さえて下さい。
 

 



B塗料をかき混ぜる

中身をよくかき混ぜて下さい。
塗料は様々な原料からなる混合物のため、
一部の色の粉が沈んでいることがあります。

フタを開ける前に容器を逆さまにして軽く振ります。
フタに手を添えてマイナスドライバー等で開け、容器の底にドロッとした固まりが無くなるまでヘラ等でかき混ぜて下さい。

かき混ぜる作業が終わりましたら、使用する分を塗り皿(ローラー皿)や別の容器に移してご使用下さい。




C塗装する
塗りにくい狭い部分から塗りましょう
 刷毛はまず使う前に抜けやすい毛を取り除いて下さい。
塗料は刷毛の根元まで着けずに、毛先2/3 程度まで着け、塗り皿のふちで余分な塗料を落として下さい。
 
 いきなり広い面から塗るのではなく、隅やコーナーなどの塗りにくい部分から先に塗りましょう。
厚塗りせずに、塗料をのばすようにぬりましょう。

広い面はローラーやコテバケを使うと便利です。


ローラー塗装
●凹凸のある面に適しています。

最初に軽くローラーを上下にゆっくり転がして先に塗料を配り、その後ムラにならないように気をつけながら上下に軽くならして仕上げます。

塗料をつけすぎるとたれてしまうので、塗り皿やバケットでよくしごき、余分な塗料を落として下さい。

勢いよく転がすと塗料が飛び散ることがありますので、注意しましよう。




コテバケ塗装
●平滑な面に適しています。

広い面積を効率的に塗れる便利な塗装用具です。

力が一定にかかりやすく、仕上がりも非常に滑らかです。
力を入れ過ぎず、縦、横に塗料を配り、最後に縦方向に軽くならして仕上げます。

コテバケはローラーに比べ飛び散りが少ないので天井の塗装にも適しています。



塗装の途中で手直しはしない
塗っていくとどうしても先に塗ったところの塗りムラが目についてしまいます。
塗ってすぐであれば手直しできますが、乾きはじめたところの手直しは、半乾きの塗膜を引っ張って仕上がりが悪くなってしまったり、よけいにムラが目立ってしまいますので、手直しは必ず乾いてから行いましょう。



Point?
初めて塗装する方や、慣れていない方、きれいに仕上げたい方は、2回塗りをしましょう。
薄く塗り重ねた方がムラになりにくく、仕上がりがより美しくなります。






■塗装をいったん中断するときは・・・
塗装の途中で休憩をとる場合は、ハケや塗り皿が乾かないようにポリ袋に入れて密封したり、
ラップを巻いて外気に触れないようにしましょう。

■後片付けを楽にするには・・・

塗装後の塗り皿の洗浄は、意外と手間がかかります。そんな手間を省くためには、
使用する前にあらかじめひとまわり大きなポリ袋で覆ってご使用下さい。
そうすれば塗り皿に塗料がつかないので後片付けが楽です。



Cあとしまつ

■マスキングテープは、乾く前に剥がして下さい。

乾燥した後で剥がすと、マスキングテープと一緒に塗膜がめくれてしまう恐れがあります。
塗膜がめくれてしまいそうな時は、境目に軽くカッターナイフで切れ目を入れてから剥がして下さい。

Page up▲